自作で名刺作成するメリットとデメリット

自分で名刺を作成することのメリットは、アレンジがし易い点です。また、会社のロゴや名刺についてこだわりがある場合には、材質なども考慮しながら作成をすることが出来ます。一方でデメリットとしては、作成に手慣れていないと時間がかかることと、印刷代などのランニングコストが相応にかかることが挙げられます。したがって、自分が作成をする名刺にこだわりが無い限りは、外注をした方が良いケースが多いと言えるものです。時間とランニングコストを支払ってでもこだわりのある名刺作成を行いたいときには、自ら作成をする方が望ましい場合はあり得ます。このように、名刺の作成については、メリットとデメリットと双方をよく考慮した上で作成を行うことが望ましいと言えるものです。

自ら名刺の作成を行うときのメリット

自ら名刺作成を行うときには、名刺の材質からこだわりを考えることが出来ます。その分だけ手間やコストはかかりますが、自分にしか出来ないこだわりの逸品を作り出すことが出来るでしょう。特にデザイン系の仕事をしている人の場合、自らアレンジした名刺の方が、相手の受け止めるインパクトが変わってくるものです。名刺作成一つでもこだわりがあるとして、相手の受ける印象は大きく変わる可能性が高まります。このように、受けとる相手のことをよく考慮したいときなどに、名刺の作成を自ら行うメリットが生まれてくるわけです。なお、名刺に入れる会社等のロゴが特殊な場合にも自作した方が良い場合があるので、注意を要します。印刷に使用するものが特定される場合たとえば特殊な材質の使用が必要なときなども同様です。

自ら作成を行うことのデメリット

名刺は営業職などの場合、大量に相手に配るようになります。すなわち、一枚一枚にそれほどコストがかけられません。コストをかければかけるほど、出費が嵩んでしまうものです。それだけのメリットが無いと思えば、素直に専門の業者に発注した方が、時間的にもコスト的にも安上がりに済みます。枚数が多くなる場合は、自分で作成をする名刺作成では、費用と時間がかかりすぎます。したがって、コストに見合ったものが得られないなどのデメリットがあり得るという話です。なお、印刷費用も自作の場合はかなり高額になる場合があります。こだわりの逸品として作成を行うようになりますから、その分だけ印刷に関する費用もかかってきます。インク代も相応に高額になる恐れが出てきますので、コストに見合わない場合は自作はやめた方が無難です。