好印象の名刺作成のポイントをまとめました

名刺はビジネス上のやり取りでは欠かせないツールなので、在庫管理も常日頃からきちんとしている方も多い事でしょう。補充やこれから新規で名刺作成を行う時には、どのようなデザインであれば相手からも好印象で見てもらえるのかよく考えて作ることが大切です。まず、情報は入れすぎないように心がけましょう。名刺の紙は小さいので、とにかく何か埋めておきたいと思っていろんな文章などを入れていくと、結局この名刺は何を伝えたいのか分からなくなってしまいます。相手から見た時に最低限必要な情報は何になるのかを考えて、文章などはコンパクトにしましょう。フォントもこだわりたくなる方もいますが、使うフォントで雰囲気揉みやすさも変わりますので、使うシーンできちんとした字を選ぶのも大切です。

名刺全体のバランスを考えて作ること

名刺作成の時にはつい自分のこうしたいという希望を詰め込んで、相手から見た時にどうなっているのかを忘れてしまいがちです。自分が受け取った相手からの名刺で印象が良かったものを思い出しながら、全体のバランスを考えてみましょう。適度に余白を作っておくだけでなく、どのような色が使われているのかもチェックしてみて下さい。名刺に使われている紙は基本的には白いですが、紙そのものを変えると色も変わります。印刷する時の色も黒だけでなく、複数の色を使うなら、ちぐはぐにならないように色も考えないといけません。文字の大きさも全部を大きくするのではなく、社名や住所氏名、アドレスや電話番号など、どこを大きく、そして小さくしてもいいのかをじっくりと見直して一目で見やすいかどうかにも配慮してみて下さい。

デザインと見やすさを両立するために

名刺を交換した相手が後から見直して良かったと思ってくれるような名刺作成は本当に難しいです。あまりにこだわりすぎるぐらいなら、従来どおりのシンプルなものの方がまだましだったという事も少なくありません。今は片面だけではなくて両面印刷も出来ますし、角を丸くしたり型抜きなどのオプション加工なども利用できる業者はたくさんあります。両面であればさらに情報はたくさんのせる事ができますので、デザインに幅を持たせられます。工夫次第で、シンプルなデザインであっても印象よく見せられるように出来ます。テンプレートの活用をしたり、時には業者にデザインをどのようにすればいいのか相談したりするのもおすすめです。相手に見てもらうという名刺本来の働きを意識しつつ、渡した時に自分が満足できるデザインを、時間をかけて考えてみましょう。